2棟 支援科 H.H.

小さい頃はどんなお子さんでしたか。

小さい頃は、いつも母の後ろに隠れているような人見知りでしたが、電車の車掌さんに手を振ることが好きな子供でした。

スポーツが得意で走ることと野球が好きだったので、将来はプロ野球の選手になりたいと思っていました。

福祉の仕事をを選んだ理由を教えてください。

私は3人姉弟の真ん中です。私が中学生の頃には8歳上の姉がもう保育士として働いており、その姿がかっこよく見えて、私も保育士を目指すことにしました。

専門学校の時に実習があり、どこにしようか迷っていた時に「障がいのある子供達のことも勉強してきなさい」と先生から勧められて秋津療育園を見学することになりました、実際に重症心身障害児者を初めて見て、はじめは戸惑いもありましたが、実習を通じて「少しでもこの人達の役に立ちたい」と思いこの仕事を選びました。

まだまだ学ぶことも多いですが、仕事を通じて社会人の付き合いや礼儀といった人間としての部分も成長できたかなと思っています。

普段のお仕事について教えてください。

障害が重い方が多いので、オムツ替えや食事の介助といった利用者の出来ないことをやっていくことが基本で、利用者のニーズに応えていくのも大事な仕事のひとつです。

患者さんと接するときに心掛けているのは、話を共感し受容することです。少しでも変わった様子がないかなと日頃の関わりを大切にしています。利用者の笑顔が見えた時は喜びを感じます。その一方で、意思表示が出来ない方が多いので、「この方は何を思っているのだろうか?」と感じたり、何が正解か分からない時はこの仕事の難しさを感じます。

まだまだ女性が多い職場ですが、ここ最近は若い男性も増えています。いずれは男女半々になるのではないかと思います。

一日のお仕事の流れ

9時~12時
オムツ替え→朝のあいさつ→ごはんの準備→昼食
13時~17時
レクリエーションや散歩といった、のんびり過ごす時間→水分→オムツ替え→ごはんの準備→夕食→退勤
休憩
45分間

これから入ってくる皆さんにメッセージをお願いします。

施設というと若い人が少ないイメージですが、天童会は若い職員がたくさん働いています。中堅、ベテランも多く、先輩方がやさしく教えてくれて楽しく仕事ができる職場だと思っています。もちろん介護の技術もたくさん学ぶことができます。障害が重いから大変だろうというイメージもあるかと思いますが、慣れてくれば大丈夫ですので心配しないでください。
入ってから多くのことを学べるので、今は今の勉強をしっかりしてたくさん遊んでください。

是非私たちと一緒に働きましょう。

プライベート拝見

介護は体が資本なので、休日はジムで鍛えてます。また、元々体を動かすことが好きなので、職場のバレーボール部や野球部にも所属しています。クラブ活動を通じて色々な部署の人とも知り合えたり話ができるので、それも仕事に役立っていると思います。

INDEX
スタッフインタビュー
法人課課長 K.T.
法人課 Y.A.
1棟 支援科 H.M.
1棟 看護課 A.H.
2棟 支援科 H.H.